トップページ
  • バフ(#400)

バフ研磨

磨き処理を行うことにより、鏡面(#400、#600)の光沢が得られる。
めっきの前処理・後処理としての役割もある。
加工工程で生じる、カエリ・バリ除去も可能です。
表面粗さを向上させることも可能です。

  • グライディング

  • ヘアーライン

ヘアライン研磨

光の反射を嫌う場合、ヘアライン処理を行う事により光沢感を消すことが出来る。
装飾めっきの前処理・後処理としての役割もある。

  • 電解研磨

  • 電解研磨(ビーズ)

電解研磨

物理的研磨とは異なり、電気的に行う処理のため、歪みや残留応力は発生せず、変質層を生じさせる事もない。
電解中に酸化被膜を再生するため、より強固な不動態被膜を形成することが出来る。
バフ研磨とは異なり、加工目(旋盤・フライス)を消し、鏡面に仕上げる事は出来ない。
しかし、複雑な形状や細かい製品等などバフ研磨では困難な物に対して有効な手段である。
*大型品・長尺品対応可能

  • 化学研磨

化学研磨

化学反応を応用し、ステンレス表面を磨き光沢を付与したり、表面を滑らかにすることが出来る。
浸漬タイプのため、研磨では手の届かない領域に光沢を持たせる事が出来るメリットがある。

  • 梨地(#50)

  • 梨地(#120)

  • 梨地(#200)

  • ガラスビーズ(#70)

  • ガラスビーズ(#400)

ショットブラスト

粗さ指定可 #50~#400 サンド、アルミナ、ガラスビーズ

梨地処理とも呼ばれている。投射材と呼ばれる粒体を製品に打ち付ける処理。
投射材の種類を変える事により様々な表面状態を得られる。
*サンプル以外の投射材も多く備付けてあります。番手指定がある場合はご相談下さい。